在席確認なしのカードローンはあるの?

在籍確認とは?

申込者に収入があり、返済能力がある状態かどうかを見極めるために行われます。

在籍確認は主に電話で行われ、借入申込書に書かれた勤務先が実在するのか、実際に勤務しているのかをチェックされることになります。

在籍確認なしでカードローンを利用できるのか

在籍確認なしで借入れできるカードローンはありません。
はじめから在籍確認なしとうたっているところは悪徳業者の可能性が高いため、要注意です。

正当な会社ではどの会社でも在籍確認は必ずあり、避けられないものです。
ただし、会社によっては書類の提出で電話連絡をなしにできる場合があります。

大手消費者金融や一部銀行などで対応してもらえるので、電話での在籍確認を避けたい場合は書類での在籍確認ができるかどうかを確認してから申込みすることがおすすめです。

銀行の場合

電話による在籍確認が基本

一部の銀行で、条件によっては書類での代替が認められることもあります。
ただし、専業主婦の場合は勤務先がないため、そもそも在籍確認ができません。

そのため、家や携帯電話に確認の電話がかかってくることが多いです。
(確認の電話がないこともあります。)

職場への電話連絡が必須のカードローン

みずほ銀行カードローンやりそな銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローン銀行カードローン「スーパーローン」に申込みをした場合は、職場に電話がかかってきます。
電話確認を避けたい人は、別の会社を選ぶなどの対策が必要かもしれません。

相談してみると条件・場合によっては書類での代替が可能になるカードローン

三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、新生銀行カードローン「レイク」に申込みした場合は、申込み後すぐに相談してみるのがおすすめです。

こんな場合は電話連絡がないことも

属性や信用情報を審査した結果、信用性が非常に高いという場合や、借入希望額が極めて少額である場合は電話連絡がないこともあります。
返済能力を確認しなくても安心して貸付けできる人には、電話での確認をせずに貸付けする場合があるのです。

異色!セブン銀行は在籍確認なし(電話・書類とも)

独自の審査方法をとっていて、借入れが少額で確実に返済してもらえるという条件の良い人にのみ融資をするため、在籍確認がありません。
  

消費者金融の場合

大手消費者金融

電話連絡の代わりに書類提出でOKの場合もあります。
ただし、信用情報が良好で希望額が低いなどの条件があるため、書類での代替えができない場合もあり、注意が必要です。

必要書類は、給与明細書や源泉徴収票、健康保険証、社員証などの勤務先に在籍していることを客観的に証明できる書類となります。

必要書類を用意する手間はかかりますが、職場にバレる心配がなくなる、土日祝など職場の営業時間外でも在籍確認が可能になるという書類での代替によるメリットがあるため、バレたくない人や土日で急いで借入れしたい人などにはおすすめの方法です。

中小消費者金融

電話による在籍確認が必須です。
大手ほど余裕がないので、きちんと返済してもらえないと経営に大きな影響を与えてしまうため、より確実な方法である電話連絡を行っています。

また、銀行や大手消費者金融で審査落ちした人が中小消費者金融に申込むことが多いため、よりしっかりと返済能力を確認する必要があるのです。

電話での在籍確認ができない場合もある

物理的に不可能な場合

土日祝日などで職場の休業日になる場合や営業時間外の場合は、改めて確認可能な時間帯に行われることになります。
そのため、審査の結果が出るまでに少し時間がかかることがあります。

ただし、即日融資の場合は後に在籍確認することを条件に、即日で少額を融資してもらえることもあります。

職場の状況的に不可能な場合

職場が外部からの私用電話を一切受け付けない場合や職業的に職場に絶対にバレてはいけない場合は、代替手段で対応することになります。

バレてはいけない職業としては、銀行員や警察官、会社の経理・財務担当、個人信用情報機関の社員、キャッシング会社の社員などがあります。

カードローンの在籍確認は怖くない

カードローンは頻繁に申込むものではないため、在席確認自体経験がない人がほとんどです。
不安に思ったり、在席確認なしのカードローンを探してしまうのはそのため。

しかし在籍確認の本質をきちんと理解できていれば、何も心配は無用です。

なりすまし防止や契約の意思確認のため、申込者が本人であるかどうかの在籍確認はあります。
連絡は携帯電話にもかけてもらえますし、自宅にかかってくる場合は「田中と申しますが○○様でしょうか?」など個人の苗字を名乗るため、カードローン会社からの連絡とはわかりません。

電話口で申込者本人の確認が取れて始めて、カードローンの審査の一環で連絡したことを告げられます。

申込んでから各銀行ローンの問い合わせ先に希望する連絡日時を相談できます。
不安な場合は、「同居家族がいるので、○日の○時に携帯にかけてもらいたい」「○日は社内にいないので避けてほしい」と伝えておくと安心です。

参照:専業主婦でも借りれるカードローン

融資する金融会社は本当に申込者本人が申し込んだのかや、勤め人であれば申告した会社に在席しているのかが知りたいのです。

確認作業ですので周囲にばれる心配もありませんので、在籍確認なしのカードローンにこだわる必要はありません。